大分市の産婦人科で「マタニティーコンサート」-バイオリンとピアノで

昨年開催された乗松記念コンサートの様子

昨年開催された乗松記念コンサートの様子

  •  
  •  

 大分の医療法人なつめ会 みぞぐち産婦人科医院Mスタジオ(大分市下郡北3、TEL 097-569-7770)で8月7日、「マタニティーコンサート」が開かれる。主催はアルゲリッチ芸術振興財団。

 2005年に亡くなった豊後高田市の医師・乗松和夫さんを記念して、病院や医療関係の施設で実施している同コンサート。

[広告]

 出演は大分市出身のバイオリン奏者の朝来桂一さんと、ピアノ演奏者の中谷政文さん。全6曲を演奏予定で、曲目はドビュッシーの「月の光」、ラフマニノフ「ボカリーズ」などを予定している。

 通院患者や妊婦を対象としているが、一般の人でも聞くことができる。

 同財団広報担当の松村さんは「マタニティーコンサートは初めて。通院する方だけでなく一般の人も入場できる。最近では0歳からのコンサートなど音楽が胎児に良い影響があるといわれているので、ぜひ聞いてもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 15時30分開演。入場無料。

  • はてなブックマークに追加

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?