プレスリリース

【大分県主催】おおいたDX共創促進事業(湧く沸くDXおおいた)の参加者募集を開始

リリース発行企業:株式会社ボーンレックス

情報提供:

大分県は、県内企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の取組みを支援する「おおいたDX共創促進事業(湧く沸くDXおおいた)(以下、本事業)」を今年度より開始いたします。 本事業では、DXを支援するパートナー事業者と共に、大分県内に事業所を有する企業のビジネスの変革をサポートいたします。 このたび、本事業に参加する大分県内企業およびパートナー事業者の募集を開始しますので、お知らせいたします(詳しくは「募集概要」参照)。 なお、本事業は株式会社ボーンレックス(東京都千代田区、代表取締役 室岡拓也)が受託し、運営します。 【ご応募は公式Webサイトから】https://wakuwaku-dx-oita.com/





事業背景

大分県の社会経済の持続的な発展のためには、デジタル技術を活用したビジネスの変革(DX)を促し、事業を継続・成長させていくことが求められています。一方であらゆる面でのデジタル化が進展し、顧客や社会のニーズ、市場環境が大きく変化している社会環境の中、自社だけでDXに取り組む際には、ノウハウや人材不足等が課題になることが多いです。そこで本事業は、DXに本気で取り組む意欲のある「DX宣言企業」と、伴走型で企業を支援する「コンサルティングパートナー」およびDXに必要な技術を持つ「ソリューションパートナー」との共創を効果的に支援することで、多様な業種でのDXの促進を目的としています。


事業概要

本事業では、DXの促進に向けて、DXの必要性を発信するセミナーの開催や無料相談会の実施、DXの取組みを支援するパートナーとのマッチング、その他各種サポートを実施します。実施スキームは、以下の通りです。


下図の通り、本事業はプラットフォームと伴走型モデル創出プロジェクトの2部で構成されています。





 ※どちらも参加費無料です。



募集概要

1. 募集期間
 2022年5月12日(木)~2023年2月28日(火)

2. 募集対象
 本事業の参加にあたっては、以下4カテゴリーで募集しております。




3. 応募方法
 ご興味のある方は以下の公式Webサイトのエントリーフォームよりご応募ください。





運営会社 株式会社ボーンレックスとは



株式会社ボーンレックスは、“世界をワクワクさせる”ことを目指して、個人起業家から拡大中のスタートアップ、大企業まで新規事業の事業化支援を行い、あらゆる人の想いをカタチにしています。
ミッション策定からビジネスモデルの構築、PoC(実証実験)を経てリリースに至るまで伴走型でトータルサポート。クライアントに代わって当社が自社リソースで事業を立ち上げたのちクライアントに売却する、事業の「代理出産モデル(R)」も提供しています。 数々の新規事業を立ち上げてきた経験を活かし、クライアントに寄り添いながらビジネスを築き上げることを強みとしています。

※記載されている会社名およびプロジェクト名(ロゴマーク等を含む)は、各社の商標または各権利者の登録商標です。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース