3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

APU初の公式携帯アプリ配信開始!日本語学習サポートアプリ「TOBIRA」“サバイバル編”

リリース発行企業:立命館アジア太平洋大学

情報提供:

立命館アジア太平洋大学(APU、別府市、学長:出口治明)は、7月29日(水)APUの言語教育センター(Center for Language Education, CLE)の教員が監修した日本語学習サポートアプリ「TOBIRA」“サバイバル編”の配信を開始しました。APUがアプリを開発・提供するのは今回が初めての試みです。


このアプリは、立命館アジア太平洋大学(APU)の言語教育センター(CLE)の日本語科教員が開発したAPUオリジナル日本語学習テキスト「日本語5つのとびら(サバイバル編)」(凡人社)をベースにコンテンツをアプリ化したもので、入学前の外国人留学生(国際学生)が、このスマートフォンを使った手軽な学習環境の提供により、日本語に親しみを持ってもらい、日本到着後スムーズに日本の生活や日本語学習を始められるようにすることが狙いです。

2020年9月入学の外国人留学生(国際学生)約450名(予定)から、入学前学習としてこのアプリを利用推奨を開始します。日本語学習に興味がある方なら、どなたでも利用できます。


これまでAPUでは、開学20年来、多様な母語を持ち、入学時点の日本語力にもばらつきがある国際学生(英語基準)に、より効果的に日本語学習をしてもらうため、APUのオリジナル日本語学習テキスト「日本語5つのとびら」凡人社)を作成するなど、多文化環境における日本語教育に力を入れてきました。

世界およそ90カ国・地域からの国際学生が約3000名在籍するAPUでは、新入生の入学時の日本語力は多様で、中には日本語の知識が全くない初級で入学する学生もいます。これまでは、そのような国際学生に入学前の事前学習として、テキスト教材(「日本語5つのとびら(サバイバル編)」を入学予定者に事前に送付するなど入学前の段階から日本語学習を行えるよう支援を行ってきました。

このアプリを入学前の国際学生に提供することで、気軽に、遊びも含めた日本語への親しみを促し、入学後の日本語学習への適応度を高めることを目指しています。
アプリのメイン画面
【アプリ開発で工夫したポイント】
・操作の際外部との通信を極力行わず、アプリ内で完結することでパフォーマンス・ユーザビリティの両立を図りました。
・デザインについて、「学習アプリ」という堅いイメージにとらわれず、「気軽に楽しく日本語を学んでほしい」という思いから、イラストや、ポップな配色を採用しました。
・「勉強」というよりは「ゲーム」感覚で日本語を学ぶことを目的としました。

【アプリ監修者 本田明子教授のコメント】
この度「日本語5つのとびらサバイバル編」前半のアプリが完成しました。このアプリは、日本語をまったく知らない人たちに使ってもらうことを想定しています。

APUが開学した20年前には、大学に入ってから日本語を勉強する大学生のための教科書はほとんどなかったので、初めて日本語を学習する大学生のための教科書「日本語5つのとびら」を開発しました。「5つのとびら」は、入学前の準備の「サバイバル編」から始まり、学生生活に必要な日本語を学ぶ「初級編」Part1、Part2、日常生活と大学講義の橋渡しとなる「中級編」、アカデミック・ジャパニーズの基礎に触れる「中上級編」という流れになっています。「5つのとびら」という名前には、とびらをひとつずつ開けていくたびに新しい日本語の世界に出会ってほしい、そんな思いをこめました。

サバイバル編のアプリの開発は、世界の各地にいる人たちに、このとびらを開くことで日本語の世界に触れてほしいという思いから始まりました。教科書がアプリに変わり、世界中どこにいても開くことのできるとびらになりました。ドラえもんのどこでもドアのように、このとびらが世界中の人たちを日本語の世界にいざなってくれることを願っています。



大学名:立命館アジア太平洋大学
(英語名称:Ritsumeikan Asia Pacific University)
公式ホームページ:http://www.apu.ac.jp/home/
場所:大分県別府市十文字原1-1
学長:出口治明(2018年1月~)
開学:2000年4月
大学の理念 :「自由・平和・ヒューマニティ」「国際相互理解」「アジア太平洋の未来創造」
学生総数:5745名(90ヵ国・地域)2020年5月1日現在

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?