3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

大分・日出町のテーマパーク「ハーモニーランド」、3カ月半ぶりに営業再開

大分・日出町の「ハーモニーランド」で記念撮影をする親子連れ

大分・日出町の「ハーモニーランド」で記念撮影をする親子連れ

  • 124

  •  

 新型コロナウイルスの感染予防で2月末から休園していた日出町のテーマパーク「ハーモニーランド」(日出町藤原、TEL 0977-73-1111)が6月8日、約3カ月半ぶりに営業を再開した。

「消毒をしよう」手指の除菌を呼び掛ける

 同園はサンリオエンターテイメント(東京都多摩市)が運営。来園者と従業員の安全を理由に2月22日から休園していた。全国の緊急事態宣言が解除された後も、来園者に乳幼児を連れた親子の割合が高いことなどから開園に対して慎重な姿勢を取っていた。

[広告]

 休園期間中は従業員140人が交代で出勤。グッズの通信販売、オンラインを利用した新しいイベントの発案、賞味期限の残っている菓子などの福祉施設への寄贈などを行い、営業再開後の現場対応のシミュレーションを繰り返したという。

 開園に当たっては「3密」につながる一部のパレードやショー、アトラクションを休止し、遊具の随時消毒を徹底。来園者にはマスク着用(2歳以上)、入園時の検温・手指除菌とメールアドレス登録、園内のソーシャルディスタンスの確保などを呼び掛ける。

 6月8日は10時の開門直後から親子連れや「サンリオ」ファンらが来園。青空の下で久しぶりのステージやアトラクションを楽しんだ。

 「フェスティバルステージ」では「ハローキティ」と一緒にダンスを踊る新しいイベントも登場。玖珠町から来園した女性は「長女(3歳)の4月の誕生日に来られなかったので再開を待って親子3人で来園した。楽しい時間をゆっくり過ごせ良かった」と話していた。

 7月15日までは期間限定特別割引として通常価格3,000円のパスポートチケットを2,200円で販売中(4歳以上)。当面の開園時間は10時~17時。夜間営業などについては検討中。

Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?