3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

さよならホタルの季節 大分市の閉鎖中の里山で締めくくりの光跡

月夜の下で明滅するホタル(6月1日20時10分ごろ撮影・20秒露光)

月夜の下で明滅するホタル(6月1日20時10分ごろ撮影・20秒露光)

  • 68

  •  

 6月に入り、大分市のホタルの季節が終わりを迎えている。閉鎖中の「うーたの里山」(大分市横尾)でも今年を締めくくる光跡が刻まれている。

大分市の里山を飛び交うホタル

 近隣の有志でつくる「うーたの会」が、住宅街に広がる休耕田を8年かけて整備した。ゲンジボタルの鑑賞ができるまちなかの鑑賞スポットとしてシーズン中は週末に400~500人が訪れるが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止で閉鎖されている。

[広告]

 同会によると、ホタルは毎年5月中旬から6月上旬にかけて出現する。今年の初見は5月10日で、ピークは1000匹を数えた27日と28日。29日以降、急速にその数を減らしているという。

 6月1日夜、同会の許可を得て、シーズンの終わりを告げる1枚を撮影した。月夜の下で19時50分ごろから飛び始め、約400匹が1時間ほど明滅を繰り返した。

 同会会長の神宮司昭夫さん(79)は「1年のサイクルが終わろうとしている。今年は見てもらえなかったのは残念だが、また、来年を楽しみにしてほしい」。

Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?