暮らす・働く 学ぶ・知る

大分県サッカー協会が天皇杯でフードドライブ 「食品や日用品持ち寄って」

来場と寄付を呼びかける五所専務理事とたまりばの若林優子理事長

来場と寄付を呼びかける五所専務理事とたまりばの若林優子理事長

  • 9

  •  

 大分県サッカー協会は7月10日、レゾナックドーム大分で開かれる天皇杯JFA第104回サッカー選手権大会3回戦(川崎フロンターレ対大分トリニータ)の会場で、家庭で余っている食品などを集めて子ども食堂などへ提供する「フードドライブ」を行う。

大分県サッカー協会「フードドライブ」のチラシ

[広告]

 JFA(日本サッカー協会)が取り組む社会貢献やSDGsの達成を目的とする活動「アスパス!」の一環。NPO法人「子育て応援レストラントンネルをぬけるとたまりば」とNPO法人「知的障がい者フットサルクラブENTRADA」の協力で実施する。

 同協会と2法人が2022年から、天皇杯の大分開催に合わせて実施している。勝ち進めば実施日も増えていき、今年は6月12日に同会場で行われた2回戦(大分1-0鹿児島)に次いで2回目となる。前回は食材91点、日用・学用品92点の183点が集まった。

 西口ゲート右側に特設ブースを設ける。入場券がなくても寄付は可能。募集するのは賞味期限内のインスタント食品や缶詰め、乾燥食品、飲料、子育て用品、鉛筆やノートなどの文房具、紙おむつや洗剤などの日用品、未使用の衣類、スポーツ用品など(生鮮品、冷蔵・冷凍食品、葉物野菜などは除く)。集まった品はこども食堂、福祉施設、生活困窮世帯などに寄付する。たまりばの若林優子理事長は「もらって喜ばれるようなものであればうれしい」と話す。

 J2の大分は現在15位。10日はJ1で15位の川崎とホームで戦う(成績は共に7月2日現在)。同協会の五所睦雄専務理事は「相手は人気チームなので大勢の来場に期待したい。応援はもちろん、子どもたちに寄付できるものも持って来てほしい」と話す。

 会場では募金箱も用意する。集まった全額を大分県社会福祉協議会に寄付する。問い合わせは県サッカー協会(097-573-2288)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース