フォトフラッシュ

「カレーやmomo」で開いたザトーさんの独演会

【「カレーやmomo」で開いたザトーさんの独演会】ザトーさんは「毎日の食事が闇鍋」「音声読み上げソフトが『桐生選手、五輪では金(カネ)が欲しい』と読み違えた」といった小ネタで会場を笑わせ、大分を舞台とした「朝見詣で」「日田の関サバ」を大分弁で披露した。

  • 0

  •  

別府市を中心に活動する全盲の落語家・噺屋(はなしや)ザトーさん(33)が11月21日、別府市の「カレーやmomo」(別府市楠町、TEL 0977-77-1842)で9カ月ぶりの寄席を開いた。

  • はてなブックマークに追加

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?