フォトフラッシュ

初公開の鉛筆画「兄の像(仮題)」

【初公開の鉛筆画「兄の像(仮題)」】作品の構想を描いた習作や鉛筆画、愛用していた筆やパレットなどの画材、糸園が集めた海外作家の作品などの初公開資料も展示している。

  • 0

  •  

中津市出身の洋画家・糸園和三郎(1911~2001年)の生誕110年を記念した「糸園和三郎展 ~魂の祈り、沈黙のメッセージ~」が9月18日、大分県立美術館OPAM(大分市寿町2、TEL 097-533-4500)の3階コレクション展示室で始まった。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース