特集

事例紹介に譲渡体験談! 日本M&Aセンター大分オフィスが初セミナー

  • 32

  •  

 中小企業の存続と発展を掲げる国内最大手のM&A仲介会社「日本M&Aセンター」(東京都千代田区)は2020年11月18日、大分サテライトオフィスの開設を記念した「アフターコロナを生き抜く経営戦略セミナー」を大分市のレンブラントホテル大分(大分市田室町9)で開きました。大分に密着した地域コンサルタントらが事業承継の悩みや成長戦略への道筋について解説したほか、M&Aで大分の企業に会社を譲渡したオーナーの体験談も紹介しました。

 大分オフィス(大分市府内町3、TEL 050-6865-3720)は、2020年6月30日開業。仲田理リーダーをトップに据え、新型コロナウイルスの影響で成長や存続の危機に直面している地域企業をサポートしています。

 セミナーは参加費無料で初開催。経営者や親族、関係者ら約50人を集め、「加速する事業承継とM&A」「いま、選択すべき成長戦略-M&AとIPO-」「M&Aで会社を譲渡した元オーナーの体験談」の3部構成で実施しました。オンライン配信も同時に行い、来場できない参加希望者らを手厚くカバーしました。

 初めに同社の三宅卓社長が大分の参加者に向けて東京からビデオメッセージを配信。仲田リーダーは、事例を交えながら増加傾向にある事業承継やM&Aについて語り、栗原弘行成長戦略部長は、外部資源の活用法やIPO(新規上場)について事例を交えて解説しました。

 3部で登壇した矢下善生さんは、福岡県春日市で博多名産の辛子高菜などを製造・販売する「樽味屋」の前社長。

自社製品の売れ行きは好調で、業績も堅調でしたが親族への承継はせず、創業当時から考えていたM&Aを決断しました。2019年に大分市でラーメン店などを多角的に経営する「ヤマナミ麺芸社」(大分市、吉岩拓弥社長)に株式を譲渡。セミナーでは聞き手の仲田リーダーを相手に体験談を披露しました。

 

  • はてなブックマークに追加

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース