見る・遊ぶ

雨上がりの別府市に虹 雲を支える七色のアーチ

別府市街地で見られた虹(1月20日午前10時30分ごろ撮影)

別府市街地で見られた虹(1月20日午前10時30分ごろ撮影)

  •  
  •  

 別府市で1月20日午前、虹が現れた。青空と雲の間に七色のアーチが架かった。

 雨の上がった別府の市街地をまたぐように出現。10時30分ごろには雲を支えるくっきりとした姿を見せた。大きな虹は八幡朝見神社(別府市朝見)付近からも確認でき、参拝客らが足を止めてはスマホなどで撮影する姿が見られた。

[広告]

 大分地方気象台によると、21日は県内全域で晴れの予報。大分の朝の最低気温は3度で、日中の最高気温は12度。

  • はてなブックマークに追加

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?