食べる

大分駅ビルに「プレスバターサンド」の期間限定店 話題商品求め初日から列

大分駅ビルにオープンした「プレスバターサンド」の期間限定店

大分駅ビルにオープンした「プレスバターサンド」の期間限定店

  •  
  •  

 行列ができるバターサンド専門店として話題の「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」が3月20日、「アミュプラザおおいた」(大分市要町1、TEL 097-513-7120)の豊後にわさき市場に期間限定でオープンした。

サクサク食感とバターのこくを楽しめる「プレスバターサンド」

 運営会社はBAKE(東京都港区)。プレスバターサンドは、バタークリームとキャラメルの2層をクッキーで挟んだ洋菓子で、年間1000万個を販売するという。JR東京駅など関東に6店、関西ではJR京都駅に常設店があり、九州ではこれまでに福岡県、鹿児島県などで期間限定店を開いている。大分での販売は初めて。

[広告]

 同社の担当者によると、鉄板で挟んで焼いたクッキーはサクサクとした食感が特徴。バタークリームは北海道産の無塩バターを使い、深い味わいを楽しめるという。アクセントとして多くの人に親しみのあるキャラメルをクリーム状にして合わせており「紅茶やコーヒーはもちろん、緑茶などにも合う」。

 販売開始初日は9時30分の開店直後から人気商品を求める客が詰め掛け、約40人が列を作った。市内の30代の女性は「東京で食べたことがあり、もう一度食べたいと思っていた。今日のおやつの時間が楽しみ」と話した。

 5個入り1,000円、9個入り1,710円、15個入り2,850円。営業時間は9時30分~21時。4月4日まで。

  • はてなブックマークに追加

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?