食べる

大分・津久見市で「ラー麺’sフェス」 人気10店が500円×5000食用意

来場を呼び掛ける田村代表

来場を呼び掛ける田村代表

  •  
  •  

 津久見市の観光を応援する「大分つくみラー麺’sフェス」が3月24日、つくみん公園(津久見市港町)で開かれる。県内の人気10店が作る自慢の一杯を500円で味わえる。

「大分つくみラー麺’sフェス」のチラシ

 大分ラー麺’s倶楽部が主催。2017年秋の台風被害を受けて昨年3月に同公園で開いた「復興ラーメン博」に次いで2回目。今回は津久見市外から多くの観光客を呼び込もうと企画した。前日の23日に開かれる「つくみ軽トラ市」と連携して実施する。

[広告]

 前回は6店舗で約2500食を提供したが、待ち時間も長く完売して食べられない来場者もいたため、今回は店舗数を増やし、提供数も倍の約5000食を用意する。

 大分市と別府市から4店ずつ、佐伯市から2店が出店。メニューは「壱丁目ラーメン」の「極旨鶏塩ラーメン」、「トラの夢」の「三種の濃厚豚骨ラーメン」、「麺堂香」の「豊の中華そば」、「ラーメン浅野2号」の「豚骨ラーメン」、「二五十豚骨道」の「別府温泉味噌らーめん」、「豊後ラーメン一刀竜」の「昔懐かし醤油ラーメン」、「夢を語れ別府」の「二郎系豚骨」、「六盛松原店」の「中華そば」、「お食事三男坊」の「佐伯豚骨らー麺」、「点法輪」の「sin佐伯ラーメン」。会場には飲食用のテーブルなどはないが、芝生の上に座って食べることができる。

 当日は歌やダンス、ラーメン早食いなどのイベントを行うほか、フリーマーケットも開催。ミカンなどを販売する「軽トラ」も並ぶ予定。ステージパフォーマンスやフリーマーケットの参加者は募集中。

 同倶楽部の田村将治代表(40)は「駐車場は広いし、内容も一日遊べるように工夫した。各店の自慢の一杯を楽しみに津久見まで足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 開場時間は10時~17時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?