見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

大分市の長浜神社で夏祭り始まる 子どもみこしの声高らかに

まちなかを練り歩く子どもみこし

まちなかを練り歩く子どもみこし

  •  
  •  

 大分市の長浜神社(大分市長浜町1、TEL 097-532-6452)で7月5日、市内最初の夏祭り「長浜神社夏季大祭」が始まった。初日は子どもみこし行われ、法被姿の小さな担ぎ手が元気いっぱいの声をまちなかに響かせた。

笑顔でみこしを担ぐ子どもたち

 同神社は1406年創建。600年の歴史があるという夏祭りは毎年7月5日から3日間の日程で行っている。梅雨の時期に開かれることから雨が降ることが多く、別名「雨の長浜さま」とも呼ばれている。

[広告]

 歩行者天国となった塩九升(しょくじょう)通りや長浜通りなどには100店以上の露店が軒を連ねた。神社の境内では病気治癒にまつわる縁起物の飾り「おみか餅」(800円)の出店も並んだも。

 5日は17時過ぎから近隣町内の子どもみこしが長浜地域を練り歩いた。地域住民や商店主からさい銭を受け取るたびに「わっしょい、わっしょい」と威勢の良い声を出し、みこしを大きく担ぎ上げた。

 6日は10時から神事が行われ、14時からみこし巡行、18時から宇目神楽の奉納がある。7日は17時から長浜神楽、19時以降に獅子舞巡行が行われ、大分銀行東支店駐車場では関連のよさこい祭りもある。

  • はてなブックマークに追加