見る・遊ぶ

「地獄で極楽」 別府市の「海地獄」で「オオオニバス乗り」始まる

「地獄で極楽~」笑顔でオオオニバスの葉に乗る子ども

「地獄で極楽~」笑顔でオオオニバスの葉に乗る子ども

  •  
  •  

 別府市の観光施設「海地獄」(別府市鉄輪、TEL 0977-66-0121)で8月13日、巨大なハスの葉に子どもたちを乗せる「大鬼蓮(ばす)乗り」が始まった。初日から夏休みの家族連れなどが列を作り、「極楽体験」を楽しんでいる。

親子連れでにぎわう海地獄の「オオオニバス乗り」

 海地獄は、別府市の鉄輪や亀川地区に広がる熱泉を利用した7つの「地獄」のうちの1つ。温泉成分に硫酸鉄を多く溶解しておりが青く見えるのが特徴。血の池地獄、竜巻地獄、白池地獄とともに国の名勝に指定されている。施設内の池では、98度の熱泉を引き込み、冬場でも水温27度以上という環境で南米原産の「オオオニバス」を育てている。

[広告]

 「ハス乗り」は体重20キロ以下の子どもを対象に、毎年、お盆時期に合わせて行っている独自イベント。今年は15日までの3日間、連日10時30分から実施する。

 直径約120センチの葉2枚それぞれに安全用のアクリル板を乗せ、2カ所で実施。子どもたちは、職員に抱えられて葉の上に立たせてもらうとピースサインをしたり、万歳をしたりと思い思いのポーズを取った。宮崎県から親子で訪れたという5歳の女児は「葉っぱの上に立てるとは思わなかったのでびっくりした。面白かった」。

 14日・15日は、台風10号の風雨によっては中止する場合もある。

  • はてなブックマークに追加