見る・遊ぶ

別府市で「オールブラックス」が地域交流 入場無料でW杯中に「レア」イベント

リストバンドを手に来場を呼び掛ける担当者

リストバンドを手に来場を呼び掛ける担当者

  •  
  •  

 ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場するニュージーランド代表「オールブラックス」との交流イベントが10月1日、別府市のビーコンプラザ(別府市山の手町)で開かれる。大会期間中に人気チームの選手と触れ合えるレアイベントで、市推進室では「入場無料で誰でも来場できる。貴重な時間を楽しんでほしい」と呼び掛けている。

「オールブラックス」のオリジナルリストバンド

 公認キャンプ地・別府市の地域交流計画の一環で、試合日の間を利用する形で実現した。ニュージーランドの高校生らによる伝統舞踊(カパ・ハカ)の披露、オールブラックス選手が別府市と大分市のラグビースクールに通う子どもたち200人を指導するラグビークリニックなど行う。

[広告]

 9時から姉妹都市のロトルア市の先住民「マオリ」の伝統芸能を受け継ぐ「テプイア」が舞踏を披露し、オールブラックスの映像によるチーム紹介の後に選手が入場。長野恭紘市長を交えた歓迎セレモニーを行う。クリニックでは8グループに分かれて、選手がパスやキックなどについて直接指導する。最後に選手に質問できる時間も設けるという。11時45分終了予定。

 入場無料で、コンベンションホールに2000席を用意。先着2000人にオールブラックスのオリジナルリストバンドを進呈する。定員を超えても立ち見などで対応する。

 オールブラックスは3連覇を狙う強豪チーム。試合前に行う戦いの儀式「ハカ」が有名。今大会では9月21日に南アフリカとの初戦(横浜市)に臨み、別府市に入った後、10月2日に昭和電工ドームで行われるカナダ戦に備える。

 イベント参加選手は初戦の結果などを受けて決まるという。市推進室(TEL 0977-21-1777)は「大会期間中にオールブラックスとファンが交流できる最初で最後のイベント。市民はもちろん、県内外からの来場にも期待したい」としている。

 6時30分から整理券配布。7時開場。出入り口で金属検査などを行う。駐車場は別府公園文化ゾーン。

※9月27日にイベントの詳細が発表されました。来場者によるニュージーランド国歌斉唱を行うなど、以下のように変更されています。

・「Six60(シックス・シックスティ)ライブ」

・「ラウクラ」のパフォーマンス

・「ラウクラとシックス・シックスティ」スペシャルライブ

・来場者2000人によるニュージーランド国歌斉唱

  • はてなブックマークに追加

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?