3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

別府市で「141歳の写真展」スタート 100歳の祖母と孫の1000点ずらり

作品の説明をする東京神父さん

作品の説明をする東京神父さん

  • 361

  •  

 別府市出身のプロカメラマン・東京神父さん(41)と祖母で100歳の福田サヨさんの「141歳の写真展」が3月27日、トキハ別府店(別府市北浜2)1階のセンターモールで始まった。

時代を写したポジフィルムも展示

 東京神父さんがカメラの先輩でもあるサヨさんへの恩返しとして企画。会場には2人がこれまでに撮りためてきた約1000点を並べた。

[広告]

 60代から撮影を始めたというサヨさんは、草花や戦時中の一こまを捉えた「40年の集大成」を出展。下からの光で画像を確認できるポジフィルムも用意した。東京神父さんは、被写体本人に手紙を書いてもらう「手紙人」シリーズのほか、別府の人や町の表情を切り取った「別府愛」あふれる写真を展示している。

 会場には市民らが次々と来場し、「2人展という試みが面白い」「100歳とは思えない視点の写真が多い」などと口にしながら食い入るように観賞。東京神父さんは「皆さんの熱いメッセージがうれしい。今年は中止となった温泉祭りの過去の写真も展示しているので、気晴らしに足を運んでほしい」と話している。

 開場時間は10時~19時。観覧無料。4月12日まで。東京神父さんは期間中、終日在廊する。

ピックアップ

Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?