見る・遊ぶ 暮らす・働く

大分で「スイーツ王子」渡辺おさむさんら参加するスイーツパーティー アート対談も

智泉福祉製菓専門学校の学生が作ったスイーツ

智泉福祉製菓専門学校の学生が作ったスイーツ

  • 0

  •  

 大分市コンパルホール(大分市府内町1、TEL 097-538-3700)で8月30日、フェイク・クリーム・アート展の関連イベント「対談&スイーツパーティー」が開かれる。主催はアートプラザ(TEL 097-538-5000

連日人気を集める「マカロンワークショップ」

 8月7日に始まった九州初上陸の「フェイク・クリーム・アート渡辺おさむ展『お菓子の国のアリス』」の関連イベントとして企画。渡辺さんと、大分市美術館の管章館長が作品やアートについて話す。

[広告]

 「後藤学園 智泉福祉製菓専門学校」の学生が作った5品のスイーツから、参加者が2品を選ぶ。コーヒーや紅茶などのドリンクなども用意する。

 アートプラザイベントディレクターの渡辺さんは「本物のスイーツを食べながら、フェイク・クリーム・アートについてゆったりと世界観など聞くことができる。残席もわずかなので早めに申し込みしていただければ」と話す。「他の関連イベント『マカロンワークショップ』など連日盛況を得ている。スイーツマップなどを見て街中に置いてある作品もぜひ見てもらえれば」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は13時30分~15時。参加費1,000円。主催者は現在、参加者を募集している。

Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?