フォトフラッシュ

大分市の県立美術館で「怪獣総シン撃」 精巧な造形品やデザイン画などずらり

【多くの来場者でにぎわう「おおいた怪獣総シン撃 2018」】11日は10時の開場から多くの親子連れらでにぎわった。来場者は会員が作った精巧な造形品や本格的なデザイン画など約80点をじっくり観賞し、好みの角度からスマホのカメラで撮影した。

  •  
  •  

怪獣や特撮を楽しむ無料イベント「おおいた怪獣総シン撃 2018」が8月11日、大分市の大分県立美術館OPAM(大分市寿町2)で始まった。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?