フォトフラッシュ

大分市のラーメン店「嫁の中華そば」営業再開 作り手「嫁」が療養を経て復活

【再開について話し合う美保さん(左)と釘宮さん】同店パート従業員の釘宮千秋さん(45)は笠原夫妻と家族ぐるみでの付き合いがあり、保育士の資格も持っている。貴博さんが体調を崩した際は子供を預かり、熊本の実家に連れて行くなどして2人を支えた。

  •  

大分市のラーメン店「嫁の中華そば」(大分市府内町2)が9月13日、約1カ月ぶりに営業を開始する。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?