フォトフラッシュ

「朝見食堂」で乾杯する地域住民

【「朝見食堂」で乾杯する地域住民】初日は18時ごろに地域住民らが集まり、先行オープンを祝った。朝見地区で「茶房たかさき」を営む高崎冨士夫さん(76)は、「地域住民が気軽に『たむろ』できる場所にもなりそう。本格オープンが楽しみ」と期待を寄せた。

  •  

別府市の八幡朝見神社(別府市朝見、TEL 0977-23-1408)の参道(朝見本通り)に12月31日から4日間、「朝見食堂」が臨時オープンする。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?