見る・遊ぶ

大分市のシネマ5で「カメラを止めるな!」大盛況 別府は8月4日から

大分でも大盛況となった「カメラを止めるな!」(7月29日・シネマ5で)

大分でも大盛況となった「カメラを止めるな!」(7月29日・シネマ5で)

  •  

 全国的に爆発的人気となっている映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)が大分にも上陸した。7月28日・29日に大分市の映画館「シネマ5」(大分市府内町2、TEL 097-536-4512)で上映された回は、いずれも満席の盛況となった。

 約300万円の低予算で製作されたインディーズ映画で、ストーリーは「37分間ノーカットのゾンビ映画を『撮ったヤツらの話』」。キャッチフレーズは「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる」。今年6月23日に東京都内のミニシアター2場で公開されると、SNSを中心としたクチコミや芸能人の高評価などで人気が沸騰。上映劇場は異例のスピードで増え、全国に拡大した。7月30日現在、全国100館に達している。

[広告]

 大分では東京で盛り上がりを見せた直後の6月26日に「シネマ5」(7月28日・29日)と「別府ブルーバード劇場」(8/4~8/10・延長 8/12~8/17)での公開が決まった。このほか「シネマ5bis」(8月18日~9月7日)でも上映する。

 先陣を切る形となった「シネマ5」では74席のスクリーンが両日ともに満席となった。同館によると、上映開始は20時45分という遅い時間の設定となったが、公開決定後から会員などを中心に予約の席が埋まり、数少ない当日券はあっという間になくなったという。「シネマ5bisの本公開前に上映しておこうという気持ちだったが、予想以上の反響で驚いた」。

 台風の影響が心配された29日もキャンセル待ちが出るほどの人気となった。大分市内50代の会社員男性は当日朝に購入したチケットで入場。「前日に買いに来たら売り切れていたので出直した。買えてよかった」と笑顔を見せた。夫と観賞したという同市の40代主婦は「内容についての情報を耳に入れないようにしていた。想像以上の出来だった。もう一度見に来たい」と満足そうに話した。

 今週末からは別府ブルーバード劇場(別府市北浜、0977-21-1192)でも上映が始まる。「事前の問い合わせがとても多い。前売り券も順調に売れているので盛り上がりそう」と期待している。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?