見る・遊ぶ

別府市に「フォレストアドベンチャー」 森の中の「空中散歩」楽しんで

森の中でアクティビティーを楽しむフォレストアドベンチャー(フォレストアドベンチャー・別府提供)

森の中でアクティビティーを楽しむフォレストアドベンチャー(フォレストアドベンチャー・別府提供)

  •  
  •  

 森の中で木々を移り渡るアウトドア施設「フォレストアドベンチャー・別府」(別府市志高、TEL 070-4024-1010)が4月27日にオープンする。担当者は「温泉や観光、キャンプなどと合わせて利用してもらえれば」と呼び掛けている。

「空中散歩」を楽しむアクティビティー(フォレストアドベンチャー・別府提供)

 「フォレストアドベンチャー」(山梨県富士河口湖町)が展開する自然共生型アウトドアパーク。森林を利用したフランス発の体験型アクティビティーで、利用者は安全具(ハーネス)を付けて地上2~15メートルの足場に登り、ロープやつり橋など渡って滑車を使った「ジップスライド」で滑り降りる。

[広告]

 国内では2006年の「フジ」(山梨県鳴沢村)を皮切りに全国で30カ所を開設しており、「別府」は32カ所目(4月13日に「神戸六甲山」が開設予定)。九州では福岡県の「糸島」、鹿児島県の「おおすみ」、熊本県の「美里」に次いで4カ所目となる。

 「別府」は志高湖キャンプ場に隣接する約6000平方メートルの森林地を利用。アドベンチャーコースと主に幼少児向けのキャノピーコースの2種類を用意している。登り始めから滑り降りるまでの単位を「サイト」とし、アドベンチャーコースは4サイトで途中の仕掛け(アクティビティー)は40を用意。所要時間は約2時間となっている。キャノピーコースは4サイト30アクティビティーで約1時間。

 アクティビティーはネット状のはしごやつり橋、ボルダリング、ロープや滑車を使った移動など多彩。同社は「自然の形状を利用しているので施設ごとにコースが異なる。別府ならではの『空中散歩』を楽しんでほしい」としている。

 マネジャーの藤塚美希さん(29)は大分市出身で、今回の開設に当たっては場所選びから携わった。新施設は別府ICから車で約10分、由布院観光地から約20分という位置で、別府市や由布市への観光客のほか、キャンプ場に隣り合わせることで県内外からの利用も視野に入れているという。「別府は温泉や観光が主流。体を動かして楽しめる場所は意外と少ない。温泉やキャンプとの親和性も高いので、新しいイベントとして旅行のプログラムに組み込んでもらえるのでは」と期待を寄せる。

 営業時間は9時~15時。利用料金はアドベンチャーコース=3,600円、キャノピーコース=2,600円。予約優先制でネット予約が可能。

  • はてなブックマークに追加

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?