暮らす・働く

「吉年」の矢、的中 大分市で490年続く「二目川百手まつり」

「二目川百手まつり」で矢を射る頭人の小野さん(左)

「二目川百手まつり」で矢を射る頭人の小野さん(左)

  •  
  •  

 的に矢を当てて五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈願する「二目川百手(ふためがわももて)まつり」が1月20日、大分市横尾で開かれた。

「二目川百手まつり」の神楽

 約490年前の天文年間(1532~55年)に始まったとされる新春の民俗行事。毎年1月20日に「頭人(とうじん)」と呼ばれる祭主の家に集まり、弓矢による的射で一年の吉凶を占う。2013(平成25)年に大分市の無形民俗文化財に指定されている。

[広告]

 二目川地区の住民でつくる保存会(岩本龍年会長)の50世帯が持ち回りで頭人を務め、祭り会場を提供する習わしとなっている。今年は頭人の小野一光さん(61)宅の庭に会場を設営して実施した。

 来賓11人、近隣の「たかおこども園」の園児34人、明治小児童82人を含む地域住民ら約300人が来場。烏帽子姿の小野さんと、来年以降、順に頭人となる「頭前(とうまえ)」5人の矢の行方を見守った。

 直径約90センチの的を左右に2つ用意。約3メートル後から、それぞれの的に矢を3本ずつ放った。小野さんは「始『弓』式」の第一射を外したが、その後は立て続けに的中。「結果は中の上。来年からは次世代のサポート役に回りたい」と笑顔で話した。

 頭人、頭前の後は来賓や子こどもたちも射手として弓を引き、的に命中させては会場から声援を受けた。今年の吉兆について岩本会長(67)は「かなりの数が当たったので『吉』となってほしい」。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?