見る・遊ぶ

秋の夕暮れに赤ソバの花ゆらり 大分・臼杵市佐志生の手作り畑で見頃

夕日を背景に揺れるの赤いソバの花(臼杵市・佐志生で)

夕日を背景に揺れるの赤いソバの花(臼杵市・佐志生で)

  • 27

  •  

 臼杵市の佐志生(さしう)地区にある休耕地で、赤いソバの花が見頃を迎えている。秋の夕暮れの中、小さなかれんな花々が涼しげな風に揺れている。

ピンク色の小さな花を咲かせるソバ

 さしう地区振興協議会の中野重二さん(62)らが休耕田や放置されていた畑を開墾した花畑。国道217号線に近く、JR佐志生駅からは徒歩約10分。春に菜の花、秋にコスモスを咲かせる。畑の中には細い小道が何本かあり、花に囲まれた写真を撮影できるとあって近年、人気となっている。

[広告]

 この秋はコスモス畑のほか、約2000平方メートルの赤いソバ畑をサプライズで出現させた。一般的な白いソバの花とは異なる観賞用という種類で、小さなピンク色の花を鈴なりに咲かせる。

 日中は青空を、夕方は沈みゆく太陽を背景に印象的な光景を作り上げる。「本当はコスモスと共演させるつもりだったが、一足早く主役になった」と中野さん。「県内ではあまり見られないと思う。今週から来週にかけてが見頃」。

 約3000平方メートルの敷地に植えたコスモスは10月14日現在で三分咲き。ソバからバトンを受ける形で来週から見頃を迎える。

 駐車場あり。問い合わせは中野さん(TEL 090-6035-8148)まで。

Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?