食べる 買う

大分市の就労支援事業所ジョイファームでマルシェ パン店改装に合わせて福袋など販売

パン福袋やサンドイッチボックスを販売

パン福袋やサンドイッチボックスを販売

  • 33

  •  

 大分市の障がい者就労継続支援事業所「ジョイファーム大分」(大分市賀来北2、TEL 097-578-8705)が運営する製パン店「ヨーイドン」で5月6日、パンの福袋などを販売する「マルシェ」が始まった。

冷凍キクラゲなどの販売コーナーも設置

 隣接する店舗の改装に合わせて実施。パン福袋(7個入り・1,000円)、サンドイッチボックス(650円)、白い生キクラゲを瞬間冷凍した「白いとろきくらげ」(540円)、キクラゲとシイタケのピクルス(1,080円)などを販売する。駐車場では「スケッチガーデン」のドライフラワーと「鉄輪本舗」の「サワーピールチョコレート」のギフトセット(1,500円~)なども用意する。

[広告]

 新店舗には焼きたてのパンを並べる専用台を導入。冷凍キクラゲやピクルスなどを並べる棚、野菜販売コーナーなどを新設した。

 マルシェは10時30分から15時まで。売り切れ次第終了。5月8日まで。

 ジョイファーム大分は2012(平成24)年に葛城修二代表が設立。主な事業は、農作業、パン製造補助、販売、室内作業などで、昨年からは自社で生産・加工している生キクラゲの冷凍販売にも取り組んでいる。利用者数は26人。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース