見る・遊ぶ 学ぶ・知る

大分市のアートプラザで若手建築家展 図面や模型、全国18人の「感性」つぶさに

来場を呼び掛ける出展者

来場を呼び掛ける出展者

  • 82

  •  

 若手建築家による「U_40 建築家展 2021」が11月16日、大分市のアートプラザ(大分市荷揚町3、TEL 097-538-5000)2階アートホールで始まった。全国から集まった14組18人がそれぞれの感性を生かした取り組みを写真や設計図、住宅模型などで紹介している。

コンセプトから模型までを展示

[広告]

 設計界で「若手」とされる40歳未満の建築家が個性を発表し、研さんし合う場として2010(平成22)年に初めて開催。当初は大分県にゆかりのある建築家を対象としていたが、昨年は参加枠を九州に拡大。今年は全国から募集した。

 大分県内から3人、東京、愛知、大阪、高知、福岡、熊本から11組14人が参加。年齢は29歳から39歳。これまでに設計した建物、施工中の住宅、仮想の住居や遊具などを紹介している。

 各組がコンセプト、写真やイラスト、図面、模型の順に、会場の中央から放射状に展示している。江上史恭さん(FUMI EGAMI ARCHITECTs)は、熊本の2人暮らし住宅と福岡の駐輪場兼休憩所について、設計に至る背景や建設場所を写真と模型で紹介。鈴木将記さん(鈴木将記建築設計事務所)と白井純平さん(TAG建築デザイン事務所)は、西アフリカのベナンで手掛ける3つの病院設計プロジェクトを30枚の写真パネルで説明している。

 関連イベントでは、18日12時から公式フェイスブックページで出展者のトークセッションを配信。21日には10時から小学生親子を対象に、U_40のロゴをアートプラザ床面に描くワークショップを行う。14時からのバーチャルツアーでは、図書館として使われていた頃のアートプラザを3Dで再現。現在と過去を行き来しながら出展者の視点で案内する。

 共同実行委員長の児玉敏郁さん(sower)は「設計案が形になるまでのプロセスを確認できる数少ない機会。それぞれのアイデアや発想を目で見て楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 開場時間は10時~18時。ワークショップとバーチャルツアーは事前申し込みが必要。入場無料(ワークショップ参加費は500円)。11月22日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース