食べる

大分市の洋食店「縁」が本気のハンバーガー提供開始 ボリューム感満点、店のカラーそのまま

ハンバーガーの提供を開始した溝辺さん

ハンバーガーの提供を開始した溝辺さん

  • 19

  •  

 大分市にある洋食料理店「洋食キッチン縁(えにし)」(富士見が丘西1、TEL 097-541-5569)が6月3日から、新メニューのハンバーガーを提供している。

洋食キッチン縁の新顔ハンバーガー

[広告]

 大分市郊外の住宅街に2015(平成27)年オープン。店主の溝辺貴博さんが作るボリューム感のあるハンバーグやチキン南蛮が人気で、地域内外に多数のファンを持つ。材料がなくなり、早い時間に品切れになることも多い。

 ハンバーガーは、開業7年目にして溝辺さんが送り出す新メニュー。「満足度」にこだわり試行錯誤を繰り返して完成させた。

 高さはおよそ10センチ。提供直前にバンズを焼き、キャベツ、レタスと共に自慢のハンバーグのせ、タマネギとトマトベースのオリジナルソースをかける。「肉汁がキャベツに染みてうまみが増す」と溝辺さん。提供は14時から。価格はポテトとドリンクが付いたセットメニューで900円(テイクアウト可)。

 溝辺さんは別府市出身。チキン南蛮の本場・宮崎県で3年間修業を積み、大分市の居酒屋で酒や接客について学んだ。その後「とにかくいろいろなことに挑戦したい」と洋食の道に入った。

 人気店となった今もチャレンジ精神は途切れることがない。新メニューをデビューさせたばかりだが「チキン南蛮バーガーを開発中」。「おいしくておなかいっぱいになる料理を提供したい」と笑顔。

 店舗面積は約60平方メートル。席数はテーブル、カウンターなど17席。店内禁煙。「インスタ割」と「大学生割」のサービスもある。営業時間は11時30分~20時30分。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース