食べる 買う

大分市のグルメバーガー店「シロバーガー」移転 飲食スペース備えた広々店舗に

新店舗をオープンした高畑さん

新店舗をオープンした高畑さん

  • 15

  •  

 大分市のグルメバーガー専門店「SHIRO burger(シロバーガー)」(府内町2、TEL 097-578-9776)が4月11日、中心街の公園「ふないアクアパーク」前に移転オープンした。

店内は黒基調のシンプルなトーンに

[広告]

 店主の高畑澄枝さんが2018(平成30)年7月に府内五番街商店街で開業。店舗面積10平方メートルの小さなテイクアウト専門店は「本格的なハンバーガーが食べられる」として話題となり、地域に根付いた。

 客層は高校生からお年寄りまでと幅広く常連も多い。そうした人たちに出来たてをその場で食べてもらいたいと5年目を迎えるに当たり、イートインスペースを備えた店のオープンを決めた。

 店舗は旧店舗のすぐ近くで、面積は約100平方メートルと10倍に拡大。「シンプルでありたい」との思いから内装は黒を基調とし、テーブルや椅子も木製とした。席数は最大30席で、テーブルのほかテラスでも食べられるようにした。

 前店と変わらず、バンズ(パン)とパティ(ハンバーグ)は全て自家製。レタスやトマトを挟むと約15センチの高さになるという看板メニューの「シロバーガー」(700円)、人気の「チーズバーガー」(800円)も健在。このほか「てりやきバーガー」(720円)、「チリバーガー」(850円)、「ダブルチーズバーガー」「ベーコンチーズバーガー」(以上1,100円)もそろえる。

 ホットドッグは「プレーンドッグ」(600円)と「チリドッグ」(650円)の2種類で、「小倉トースト」(500円)も用意。ドリンクは「タウトナコーヒー」を使ったコーヒーフロート、「農園きや」のレモンを使ったレモネード(以上500円)など。

 ハンバーガーとホットドッグにはドリンクとスープまたはポテトフライが付いたプレートセットもある。ランチタイム(11時~14時)のイートインはプレートセットのみ提供。テイクアウトは単品販売も可。

 「出来たてを提供できるのがうれしい。テーブル席でテラス席で、小さな幸せを感じてもらえれば」と高畑さん。「また来たいと思ってもらえるような店にしていきたい」と話す。

 営業時間は11時~18時。日曜定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース