見る・遊ぶ 学ぶ・知る

大分市の平和市民公園でハマボウ見頃 空・川の青背景と黄花で南国ムードに

黄花で南国ムードを漂わせる大分市平和市民公園のハマボウ

黄花で南国ムードを漂わせる大分市平和市民公園のハマボウ

  • 5

  •  

 大分市の平和市民公園(大分市萩原緑町)でハマボウが現在、見頃を迎えている。

青空の下でハイビスカスのような花を咲かせる

[広告]

 ハマボウはアオイ科の落葉木。7月に直径5~7センチほどの鮮やかな黄色い花を咲かせる。大分県のレッドデータブック(2022)では生育地の減少や消滅が懸念されるとして絶滅危惧II類に指定されている。

 同園のハマボウは園内を流れる裏川の東岸沿いに群生。川面にこぼれるような樹勢で、空と水の青に負けじと咲き誇っている。

 7月8日は午前中から写真を撮る市民の姿も見られた。川に架かる橋からハマボウを観賞していた男性は「黄色いハイビスカスみたいでかわいい。ここに絶滅するような花が咲いてるのは知らなかった」と話していた。

 見頃は8月上旬までの見込み。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース