見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

大分市内4会場でライトアップイベント-スタンプラリー、こたつカフェも

昨年の府内南蛮ライティングの画像(若草公園)

昨年の府内南蛮ライティングの画像(若草公園)

  • 0

  •  

 大分若草公園、府内アクアパーク、セントポルタ中央町、ガレリア竹町の4会場メーンに1月31日から、「第4回府内南蛮ライティング」が開催される。主催は大分商工会議所青年部。

 同青年部30周年事業の一環で、地域活性化のために継続して行える事業として企画した同イベント。今年のテーマは「Youth of the future、ひとつの心」。各会場を彩る1万個の紙灯籠は市内の保育園、幼稚園、小学校、中学校などに依頼して製作し、竹灯籠やモニュメントは県内の竹イベントを行う臼杵、竹田市に協力を仰いだ。

[広告]

 当日は、若草公園で、大分ファミリーゴスペルクワイアグレイスのゴスペルライブ、大分高校書道部のアートライブ、点灯式などを予定。翌1日は、ダンス&BMXパフォーマンス、ご当地アイドルによるスペシャルライブ、点灯式などさまざまなステージイベントを予定する。

 府内アクアパークは灯籠と竹細工モニュメントをメーン展示。市街地の回遊性向上のため2会場と2商店街を今回から新設。大分パルコ跡は屋台会場として約10店の屋台が出店を予定する。同会場周辺には「ゆったりと屋台を利用してもらいたい」とイスやテーブルも用意するほか、初の試みとして、こたつを8台ほど置いて「こたつカフェ」も展開する。

 九州電力前の会場では紙灯籠の展示、セントポルタ中央町とガレリア竹町の商店街には紙灯籠と竹細工モニュメントを展示し、会場全体を楽しんでもらおうとスタンプラリーも開く。

 広報部会の金戸実さんは「多くの子どもたちに灯籠作りに参加してもらった。会場では作った作品がどこにあるか分かりやすいように制作団体ごとに配置するなど工夫している。点灯も参加できるのでぜひ見るだけでなく参加してほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は31日=16時~21時、1日=13時30分~20時。入場無料。

Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?