フォトフラッシュ

大分市の「南蛮BVNGO交流館」で内覧会 大型スクリーンに宗麟の魅力ぎっしり

【戦国時代の茶の湯をイメージした茶室】シアターゾーンに隣接する茶の湯ゾーンは、宗麟が茶の湯の達人であったことから設置。市内で出土した16世紀後半の茶わんなどを展示している。

  • 0

  •  

大分市が大友氏館跡に整備する「南蛮BVNGO(ぶんご)交流館」(大分市顕徳町3、TEL 097-578-9191=10月1日以降)の内覧会が9月26日に開かれた。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?