フォトフラッシュ

人工繊維と人工芝

【人工繊維と人工芝】大分会場は天然芝(ティフトン)に5%以内の人工芝(ポリエチレン)を組み合わせた「カーペット式」を採用。

  • 0

  •  

ラグビーワールドカップ2019日本大会の大分会場となる「昭和電工ドーム大分」(大分市横尾)で現在、天然芝と人工芝を組み合わせた「ハイブリッド芝」の敷設工事が進んでいる。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?