プレスリリース

「デジタル商品券発行スキーム」の取扱開始について

リリース発行企業:株式会社オーイーシー

情報提供:

株式会社 オーイーシー(代表取締役社長 加藤 健)は、株式会社 大分銀行(頭取 後藤 富一郎)と株式会社フィノバレー(代表取締役社長 川田 修平)の電子地域通貨プラットフォーム「Money Easy」を活用した、「デジタル商品券 発行スキーム」の取扱を開始しましたので、お知らせします。


プレスリリース


2020年10月13日
株式会社オーイーシー

「デジタル商品券発行スキーム」の取扱開始について

株式会社 オーイーシー(代表取締役社長 加藤 健)は、株式会社 大分銀行(頭取 後藤 富一郎)と株式会社フィノバレー(代表取締役社長 川田 修平)の電子地域通貨プラットフォーム「Money Easy」を活用した、「デジタル商品券 発行スキーム」の取扱を開始しましたので、お知らせします。

1.取扱開始日2020年10月13日(火)

2.目 的
(1)大分県内のITベンダーとして、地域経済の活性化や地域のデジタル化推進およびコロナ禍における販売・流通促進、Withコロナ時代の非接触決済基盤の提供を目的とするもの。
(2)株式会社大分銀行とともに、県内のデジタル化推進の一助として、取扱を開始するもの。

3.取扱内容
(1)地域活性化等を目的に発行されてきた「紙媒体によるプレミアム商品券」のデジタル化は、これまでも多くのニーズがあったが、システム構築に時間を要すため、短期間の提供が困難であった。
(2)今般、デジタル商品券の発行スキームを準備することで、短期間でデジタル商品券の取扱を可能にするもの。

4.デジタル商品券の特徴
「地域の店舗での消費」、「キャッシュレスで衛生面や利便性も向上」、「紙の商品券と異なり1円単位でも自由に利用可能」といった、発行体様・加盟店様・利用者様相互のメリットが期待できます。




(1)発行体様
・応募、申込み、抽選などの一連の作業がアプリで出来ることから、紙の商品券と比べ大幅な負荷負担軽減につながります。
・様々なチャージ方法(有人窓口・セブン銀行ATM・専用チャージ機)をご利用いただけます。
・短期間で始めることができるため、地域イベントなどにもご利用いただけます。

(2)加盟店様
・二次元コードを店頭に掲示するだけで準備が完了するため、初期投資がかかりません。
・利用者がスマホアプリで購入すると、売上分のコインが即時に各加盟店様に計上されます。
・売上分のコインを銀行口座へ自動入金するシステムがご利用いただけます。

(3)利用者様
・チャージすることで、スマホアプリにコインが計上されます。
・加盟店の二次元コードを読み取ることで、コインから1円単位で利用できます。

5.その他
(1)MoneyEasy(マネーイージー)とは
株式会社フィノバレーが提供する、デジタル地域通貨サービスを短期間で安価に開始できるプラットフォームシステムです。スマートフォンアプリを使って、チャージから決済までを可能にします。支払方法として二次元コード読取方式を採用しているため、店舗側での初期投資や手間がかからず導入できることが特長です。また、グループ会社である株式会社アイリッジの顧客データ分析プラットフォーム「FANSHIP」と組み合わせることでマーケティング機能を融合した決済基盤が構築でき、地域活性化への活用が期待できます。
「地域の店舗での消費」、「キャッシュレスで衛生面や利便性も向上」、「紙の商品券と異なり1円単位でも自由に利用可能」といった、発行体様・加盟店様・利用者様相互のメリットが期待できます。

6.スキーム企業の概要
【社  名】株式会社大分銀行
【所 在 地】〒870-0021 大分県大分市府内町3丁目4番1号
【代 表 者】頭取 後藤 富一郎
【創  立】1893年2月1日
【事業内容】銀行業

【社  名】株式会社フィノバレー
【所 在 地】〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9 BPRプレイス神谷町9F/10F
【代 表 者】代表取締役社長 川田 修平
【設  立】2018年6月15日
【事業内容】デジタル地域通貨事業

(本件問い合わせ先)
 株式会社 オーイーシー ITイノベーションセンター 担当:野崎
 TEL:097-537-9618 e-mail nozaki@oec.co.jp

以上

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?