見る・遊ぶ 買う

大分市の柞原八幡宮「浜の市」始まる イベントぎっしり、笛や太鼓でにぎやかに

笛や太鼓で盛り上がる「浜の市」

笛や太鼓で盛り上がる「浜の市」

  •  

 柞原(ゆすはら)八幡宮(大分市上八幡)の仲秋祭「浜の市」が14日、始まった。

みこしを仮宮へ移す渡御

 鎌倉時代初期に始まったとされる伝統行事で、毎年9月14日から20日に行われる。期間中、神楽奉納、獅子舞、花火大会、カラオケイベントなどがある。

[広告]

 初日の夕方には本宮からご神体を乗せたみこし3基を仮宮(大分市浜の市、TEL 097-532-6880=臨時)へ移す渡御があった。白装束の氏子が片道約4キロの道のりをみこしを担いで下り、境内に運び入れた。ご神体を迎える神事が行われている間、地域の太鼓保存会などの子どもや大人が高らかな笛の音色に合わせて激しく太鼓を打ち鳴らし、会場を盛り上げた。

 15日は13時から少年空手演武、15時から神楽奉納がある。16日は13時から子ども神楽、19時から獅子舞、20時からベリーダンスを行うほか、19時50分から大分港で花火大会を開く。17日は11時から放生会神事、13時からひょっとこ踊りと南京玉すだれ、14時30分からタヒチアンダンス、17時から神楽奉納を予定。18日19時からカラオケ、19日も19時から民謡イベントを実施する。20日は16時にみこしを本宮へ戻す出御がある。

 西大分商店街内浜の市祭実行委員会は、期間中、会場内にちょうちん山笠、西郷隆盛像実物大パネルを設置する。15日は16時からチキリン山車、17時から子どもみこし、18時から大人みこしを予定。16日14時30分からは春日町小体育館で無料の護身術教室を開く。当日参加可能。

 このほか16日に協賛イベントとして、大分市のかんたん港園(大分市生石)で「みなとのフードフェスタ 2018」が開かれる。地域住民や事業者などでつくる実行委員会の主催。

 スペインのパエリア、ネパールのカレー、フィリピンのハロハロ(かき氷)、ペルーのポテトサラダなど10カ国の料理が並ぶ「ワールドキッチン」、10種類以上のポルトガルワイン(200円~)を味わえる「ワインバー」を開く。16時からは「大分夢色音楽祭2018」プレイベント演奏会を行う。

 販売時間は16時から20時30分。入場無料。