見る・遊ぶ

大分で桜開花 寒さの中、九州で最も遅く

雨中に咲く大分城址公園の桜(3月23日13時20分ごろ撮影)

雨中に咲く大分城址公園の桜(3月23日13時20分ごろ撮影)

  • 24

  •  

 大分地方気象台は3月23日、大分市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。

堀の上で開花する大分城址公園の桜

[広告]

 平年(3月24日)より1日早く、昨年(3月18日)より5日遅い。

 九州地方では3月17日の福岡から18日に宮崎、19日に佐賀、20日に熊本と鹿児島、22日に長崎で開花しており、大分は最も遅かった。今後、1週間から10日で満開となる見込み。

 23日の大分市は午前中から雨が降り、日中の最高気温も10.1度という寒い一日に。一足早く咲き始めていた大分城址公園の桜も雨中で一息。

 24日の大分市は晴れの予報。日中の予想最高気温は16度。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース