食べる 買う 暮らす・働く

大分で受講生が学習成果を発表する「コンパル博覧会」-県内産品のマルシェも

コンパル博覧会フライヤー

コンパル博覧会フライヤー

  • 0

  •  

 大分市のコンパルホール(大分市府内町1、TEL 097-538-3700)で2月20日~22日、同館主催講座の受講生が学習成果を発表する「コンパル博覧会」が開かれる。今年で4回目。

 「いけばな(池坊、専心池坊、小原流、草月流)」「水彩画」「はじめての油絵」「子ども絵画、書き方」「羊毛フェルト」など約250点の受講生作品展のほか、カラオケやクラシックギター、フラカカヒアカなど約7組のステージ発表なども行われる。

[広告]

 茶道の受講生による「コンパル茶会」(参加費300円、当日先着順)や、「カラダぽかぽか大作戦!」と題したストレッチヨガやハタヨガリラックス、産後ピラティスなど女性向けのプログラム、親子で遊んで体力測定をする「おやこで参加運動会」、コンパル講座の講師による「ガーデニングプチ体験」(事前申し込みと参加費が必要)など、幅広い年齢の来場者が参加できる企画も用意する。

 昨年に続き、県内の特色のあるものを集め販売する「おおいた魅力発見市場」も同時開催する。県内の新鮮卵や野菜、多肉植物、手作り菓子、雑貨など約16店が出店予定。大分市畜産共進会協力による「牛乳の無料試飲会」や社会福祉法人シンフォニー協力による大分の郷土料理「団子汁」の無料配布(限定100杯)も行われる。

 コーディネーターの中村美波さんは「コンパルホールで習い事をする方々の成果発表の場として少しずつ定着し、府内町を盛り上げようと地域の方も多く参加してくれている。前回から始まったマルシェでは温かい食べ物なども用意するほか、市民スポーツデーではトレーニング室や卓球室も無料開放し家族で楽しめる。ぜひ遊びに来てほしい」と来場を呼び掛ける。

 入場無料。現在、体験イベントの参加者を募集している。応募締め切りは2月10日。

ピックアップ

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?