暮らす・働く 学ぶ・知る

大分市で無料M&Aセミナー 経営不安取り除く解決策紹介、元オーナーの体験談も

参加を呼び掛ける仲田リーダー

参加を呼び掛ける仲田リーダー

  • 13

  •  

 日本M&Aセンター(東京都千代田区)は11月18日、大分のM&A(合併・買収)を題材とした「アフターコロナを生き抜く経営戦略セミナー」をレンブラントホテル大分(大分市田室町9)で開く。中堅中小企業の経営者や親族、受け入れ希望企業の関係者ほか、誰でも参加できる。

日本M&Aセンター「経営戦略セミナー」のチラシ

 大分サテライトオフィス(府内町3、TEL 050-6865-3720)を6月30日に新設した記念に初めて開く。

[広告]

 3部構成で15時開演、17時終了予定。1部では大分オフィスの仲田理リーダーが、新型コロナウイルス感染拡大後は増加傾向にあるという事業承継やM&Aの現状を解説。「異業種」や「地域性」などをキーワードに、会社が倒れないようにする「1本足打法からの脱却」について話す。

 2部では同社の栗原弘行成長戦略部長が、IPO(新規上場)などを題材とした成長戦略について語る。東京証券取引所で最新の株式市場「TOKYO PRO Market(東京プロマーケット)」への上場メリットなどを紹介する。

 3部には福岡県でからし高菜漬けなどを製造販売していた元オーナーが登壇。M&Aで大分の企業に会社を譲渡した体験を対談形式で語る。

 仲田リーダーは「コロナ禍を背景に、先行きに不安を感じている経営者が増えている。セミナーでは承継問題や成長拡大の解決策やヒントを紹介したい。門戸は広く開いているので気軽に参加してほしい」と呼び掛ける。

 会場の定員は100人。オンラインによる視聴もできる(要申し込み)。参加無料。専用ページなどから申し込む。

ピックアップ

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?