見る・遊ぶ

梅雨間にしっとりミヤマキリシマ 大分・玖珠町の万年山にピンクの「花畑」

ピンク色の花畑が広がる万年山のはなぐり登山道(5月18日13時55分撮影)

ピンク色の花畑が広がる万年山のはなぐり登山道(5月18日13時55分撮影)

  • 13

  •  

 大分県玖珠町の万年山(はねやま、1140メートル)でミヤマキリシマが開花。梅雨間の山道にピンク色の「花畑」を広げている。

色合いも開花具合もさまざま

 万年山は、テーブル状の台地が上下に重なる「2重メサ」と呼ばれる山容が特徴。吉武台側からの登り道と「はなぐり登山道」に大規模なミヤマキリシマの群生地がある。

[広告]

 はなぐり登山道にある群生地の通称は「御花畑」。広さは約5ヘクタール。毎年5月にピンク色や赤色の花を咲かせる。5月18日は午後から一時的に雨が上がり、登山客が花々の競演を楽しんだ。

 玖珠町観光協会(TEL 0973-72-1313)によると、今年の開花は平年より1週間ほど早い。本格的な見頃は20日過ぎから。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース