見る・遊ぶ

大分・高崎山に今年初の赤ちゃんザル 名前は「アマビエ」

「まだ眠いよー」 へその緒を付けたままの「アマビエ」(5月3日13時10分ごろ撮影)

「まだ眠いよー」 へその緒を付けたままの「アマビエ」(5月3日13時10分ごろ撮影)

  • 27

  •  

 大分市の高崎山自然動物園(大分市神崎、TEL 097-532-5010)で5月2日、今年初めての赤ちゃんザルが生まれた。名前は病の流行を封じるとされた妖怪にちなんだ「アマビエ」に決まった。

へその緒が付いたままの「アマビエ」

 同園によると、2日13時30分ごろ、スタッフがB群のポコポコ(11歳)の腹部にしがみついている赤ちゃんを発見した。性別は未確認。

[広告]

 名前は公募の中から選んだ。投票数は630票で、このうち新型コロナウイルス関連の「アマビエ」は最多の17票だった。次位は東京五輪にちなんだ「ゴリン」(14票)。人気漫画「鬼滅の刃」に関する票も多く、「タンジロウ」「ネズコ」は共に全体で3番目に多い8票だった。

 一夜明けた5月3日、ポコポコは午後から「出勤」。へその緒が付いたままの赤ちゃんを抱えながら寄せ場に現れ、来園者に元気な姿を見せた。「アマビエ」も母親の乳を飲んだり、あくびをしたりして園内の空気を和ませた。同園によると、へその緒は乾燥した後、自然に取れるという。

 大分市内から訪れた30代女性は「かわいらしい赤ちゃんを見られて良かった。妖怪の名前は少しかわいそうかなとも思うが、絶対に忘れないし忘れられないから良いのかも」と笑顔で話した。

 同園では今年およそ150匹の出産を見込んでいる。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース