食べる 見る・遊ぶ 買う

大分市の「祝祭の広場」にテラス付き仮設店舗 先陣は「ラーメン日替わりリレー」

「お部屋ラボ 祝祭の広場」にオープンする「祝祭テラス」

「お部屋ラボ 祝祭の広場」にオープンする「祝祭テラス」

  • 421

  •  

 大分市は11月1日から「お部屋ラボ 祝祭の広場」(大分市府内町1)で、仮設店舗「祝祭テラス」の運用を開始する。飲食提供や物品販売などのチャレンジスポットとして1週間単位で貸し出し、広場の利用推進を図る。

電磁調理器や冷蔵ショーケースなどを常設

[広告]

 民間活力導入の効果や可能性を検証する目的で実施。利用者からデータを集め、今後の施策に役立てる。当初は7月1日開始の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期していた。期間は3月31日まで。来年度以降の実施も視野に入れている。

 広場北側の中央通り側に2区画を設け、店舗を1棟ずつ仮設。1区画の面積は約32平方メートルで、建物部分が約12平方メートル、テラス部分が約20平方メートル。建物内に電磁調理器、冷蔵ショーケース、2層シンク、キャビネットテーブルを備える。エアコン、コンセントもある。

 大分まちなか倶楽部(TEL 097-573-7377)が委託を受けて運営。貸し出しは原則、火曜から月曜までの7日間(準備、撤去を含む)で、時間は8時~22時。料理や飲料(アルコール類含む)の提供、物品販売などのほか、サービス業の利用も可能。県内外、個人や法人などを問わず利用できる。出店料金は7日間で2万5,000円(消費税、水道光熱費込み)。

 募集要項や申し込み方法は同社サイトの専用ページで確認できる。「入店カレンダー」では現在の利用確定状況を知らせている。

 11月1日は2区画を使った「大分有名ラーメン店日替わりリレー」でオープン。トラの夢、六盛、和風創作Dining KiRARA、豊後ラーメン一刀竜、ヤマナミ麺芸社、中華そば山猫、壱丁目ラーメン、お食事三男坊が日替わりで祝祭テラス用限定ラーメン、サイドメニュー、酒類などを提供する。7日まで。営業時間は10時30分~21時。

 同社では「駅前の一等地を手頃な価格で借りられる好機。広く門戸を開放しているので、積極的に利用してほしい」としている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース