見る・遊ぶ

JR九州の観光列車「36ぷらす3」運行1周年 大分駅で出発合図セレモニー

甲斐駅長とたかもんの合図を受けて出発する「36ぷらす3」

甲斐駅長とたかもんの合図を受けて出発する「36ぷらす3」

  • 18

  •  

 JR九州の観光列車「36ぷらす3」の運行1周年記念セレモニーが10月17日、JR大分駅(大分市)であった。

「36ぷらす3」を見送る親子連れ

[広告]

 「36ぷらす3」は木曜に博多駅を出発し、月曜にかけて左回りに九州を1周する。大分駅は土曜着、日曜発。2020年10月16日に運行を始め、今年9月末までに247本が走り、約1万3000人が利用している。

 17日は10時過ぎに5番線に入線。ホームは記念撮影などを楽しむ鉄道ファンらでにぎわった。

 列車は招待客26人を含む約80人を乗せ、10時48分、甲斐裕明駅長と高崎山のイメージキャラクター「たかもん」による合図を受けて出発。親子連れらは手旗を振りながらゆっくりと動き出す黒光りした車体を見送った。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース