食べる 見る・遊ぶ

大分市の長浜神社で夏祭り 小雨の中、子どもみこしの掛け声響く

子どもみこしの掛け声が響いた長浜神社夏祭り

子どもみこしの掛け声が響いた長浜神社夏祭り

  •  

 大分の長浜神社(大分市長浜町1、TEL 097-532-6452)で7月5日、市内最初の夏祭り「長浜神社夏季大祭」が始まった。

縁起物の名物「おみか餅」

 1406年創建とされ、鎮座600年を超える同神社。夏祭りは毎年7月5日から3日間の日程で開催する。梅雨の時期に開かれることから別名「雨の長浜さま」とも呼ばれている。

[広告]

 初日の5日は小雨が降る天候となったが、大勢の来場者でにぎわった。17時30分過ぎからは5町内の子どもみこしが長浜地域を練り歩き、商店や出店などの前で「わっしょい、わっしょい」と威勢の良い掛け声とともにみこしを大きく上下させた。

 歩行者天国となった塩九升(しょくじょう)通り、長浜通り、長池通りには多数の出店が軒を連ねた。神社の境内では病気治癒にまつわる縁起物の名物「おみか餅」(800円)が販売されたほか、国分神楽奉納も行われた。

 6日は10時から神事が行われ、14時からみこし巡行、18時から宇目神楽の奉納がある。7日は17時から長浜神楽、19時30分以降に獅子舞巡行が行われる。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?