食べる 買う

大分市中心街にテークアウトのバナナジュース店「MAGARI DE BANANA」

中央町にオープンした「MAGARI DE BANANA OITA」

中央町にオープンした「MAGARI DE BANANA OITA」

  • 54

  •  

 テークアウトのバナナジュース専門店「MAGARI DE BANANA OITA」(大分市中央町3、TEL 097-576-7810)が6月10日、大分市の中心街にオープンした。

「MAGARI DE BANANA OITA」のメニュー

 全国でフランチャイズ展開する「まがりDEバナナ」の大分1号店。同所で居酒屋「やきとん あかね家」を営む小石海夏人(みなと)さんが昼間の時間を活用し、店前にワゴンを出して営業する。

[広告]

 通常よりも栽培期間が長く、甘みが強いという「ハイランドバナナ」を熟成させて使用。牛乳は「阿蘇特濃ミルク」を使う。凍らせたバナナと牛乳をその場でブレンダーで合わせて提供する。氷、砂糖は不使用。

 注文時はサイズ(ミディアム=500円、キリン=600円)、牛乳か豆乳かを選ぶ。イチゴシロップ、チョコチップなどのトッピング(100円~)も選べる。2分割構造の特製容器を使い、一度に2種類のジュースを味わえる「恋バナ」(800円)もある。

 「コロナ対策でランチを始めるよりも面白いと思った」と小石さん。「飽きのこない爽やかな一杯を中心街に広めていきたい」と話す。

 営業時間は12時~17時。6月中は日曜定休。7月以降はグランドオープンとして18時まで延長。デリバリーも予定する。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース