見る・遊ぶ

大分・宇佐市の「福貴野の滝」に夏の光景 ミヤマカワトンボ、岩に「朱」の飛影

岩に飛影を映すミヤマカワトンボ(6月10日12時50分撮影)

岩に飛影を映すミヤマカワトンボ(6月10日12時50分撮影)

  • 11

  •  

 宇佐市の福貴野(ふきの)の滝(安心院町山ノ口)で現在、岩々の間をミヤマカワトンボが飛び交う涼しげなシーンが繰り広げられている。

裏側からも観賞できる福貴野の滝

 滝は、「雄滝」と「雌滝」の2筋に分かれて流れ落ちる。落差は約65メートル。近くには全景を望める展望台があるほか、県道50号から滝つぼに下りる別ルートもある。滝の裏側に回れることから「裏見の滝」ともされる。今年は6月5日に神事のみの滝開きを行い、本格的な夏の観光シーズンに入った。

[広告]

 滝つぼでは、カエルやトンボなどの水生生物が涼を求めるように跳ね、飛び回る。ミヤマカワトンボは胴体を青く光らせ、朱の羽色を岩肌に映し込む。大分市から訪れたという40代の男性は「滝を裏側から見るのは初めて。自然と向き合える貴重な時間を味わえた」と満足そうに話す。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース