暮らす・働く

「アジアの野球発展に」 別府市のAPU硬式野球部、NPO法人に寄付道具引き渡し

段ボール3箱分の道具を引き渡した(左から松元さん、丸山さん、小林さん、スジーワさん)

段ボール3箱分の道具を引き渡した(左から松元さん、丸山さん、小林さん、スジーワさん)

  • 38

  •  

 別府市の立命館アジア太平洋大学(APU)の硬式野球部4年生が2月5日、別府市民球場で、アジアの野球文化発展を目的に全国から集めてきたボールやヘルメットなどをNPO法人日本アジア球友団ラリグラス(大阪市城東区)に引き渡した。託された道具はネパールなどに送られる。

関係者全員で記念撮影

[広告]

 同部は2015(平成27)年からスリランカとの間で野球を通した交流を続けている。同国出身の学生が「自国の野球文化の発展に貢献したい」と考えたことから始まった取り組みで、代をまたいで行き来。道具の寄付、同国の小・中学生への実技指導などを行っている。

 道具は、取り組みに賛同した全国の団体や個人から送られてくる。これまでにグローブ400個、バット2000本などを同国に寄付してきたが、今年は新型コロナ禍での寄付活動を自粛。現在は4年生6人が自宅などで保管しており、同部の代表を務めていた丸山潤也さん(4年)らが卒業シーズンを前に受け入れ先を探していた。

 ラリグラスは、スポーツなどを通して日本とアジアの国々の交流を図る民間のボランティア団体で1999(平成11)年に設立。野球文化がなかったネパールで普及活動を行い、新しいスポーツとして根付かせた。同国は2013年に国際野球連盟に加盟。オリンピック予選の舞台に立つまでになった。

 2021年12月、インターネットでラリグラスの存在を知った丸山さんが会長の小林洋平さんに連絡を取り、道具を託せるかどうかを打診。小林さんが「送りバント役」を快諾したことで引き渡しが決まった。

 5日は別府市民球場で引き継ぎイベントがあった。同部からは丸山さんと元副代表で卒業生の松元理彩子さん、ラリグラスからは小林さん、スリランカ出身のAPU卒業生でゼネラルマネジャーのスジーワ・ウィジャヤナーヤカさんらが参加。大分県軟式野球連盟会長の後藤一彦さんも姿を見せた。

 寄付道具は、軟式用のボール450球、マスクやレガースなどの捕手用セット3式、ヘルメット15個で段ボール3箱分。球場内に手分けして運び入れた後に記念撮影などを行った。

 今後、ラリグラスがネパールの野球協会と連絡を取り合い、年度内をめどに船便で輸送するという。丸山さんは「受け入れに感謝したい。後輩に迷惑をかけることなく自分たちの代で寄付することができる。行き先が見つかり、ほっとした」と喜んだ。

 小林さんも「野球を通した国際交流という縁がつないでくれた。今後も大分・別府との絆を深めていきたい」と笑顔を見せた。

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース