暮らす・働く

BIGLOBE「みんなで選ぶ温泉大賞」-大分は県別で西の横綱に

温泉地部門では大関・関脇に選ばれた【温泉番付表】

温泉地部門では大関・関脇に選ばれた【温泉番付表】

  • 0

  •  

 BIGLOBEが3月4日に発表した第7回「みんなで選ぶ温泉大賞」で、大分が県別ランキングで「西の横綱」に、湯布院温泉が温泉地部門の「西の大関」に、別府温泉郷が「関脇」に選ばれた。

県別ランキングで西の横綱に大分県が選ばれた【番付表】

 利用者による投票を集計し、温泉地部門、宿泊施設部門、エリア別ランキングの3部門を東西のエリア別にランキングする同大賞。相撲の番付表に似せて発表するのが恒例となっている。有効投票数が約2万3500票と多いため、利用者の評価が表れていると信頼度も高いという。

[広告]

 温泉地部門で西の大関となった「湯布院温泉」は昨年関脇、西の関脇となった「別府温泉郷」は昨年大関と、大分県内で上位争いを繰り広げている。横綱には有馬温泉(兵庫県)と草津温泉(群馬県)、大関には由布院温泉と箱根温泉郷(神奈川県)、関脇には別府温泉郷と登別温泉(北海道)がランクインしている。そのほか県内では前頭に奥湯布院温泉、長湯温泉、湯平温泉がランクインしている。

 宿泊施設部門の横綱は加賀屋(石川県・和倉温泉)と第一滝本館(北海道・登別温泉)、大関は杉乃井ホテル(大分県・別府温泉郷)とホテル櫻井(群馬県・草津温泉)、関脇は水明館(岐阜県・下呂温泉)とホテル一井(群馬県・草津温泉)だった。県内の施設は前頭に山のホテル夢想園や朝霧のみえる宿 ゆふいん花由、亀の井別荘・湯布院玉の湯、山荘無量塔(むらた)の湯布院御三家といわれる旅館など多数がランクインしている。

 杉の井ホテルダイレクトマーケティング部部長の東(あずま)さんは「温泉の質や湧出量など横綱を目指せる要素はたくさんある。ぜひ一度来て5段からなる湯船を棚田状に広げた大展望露天風呂『棚湯』やおもてなしのサービスなど体感してほしい」と呼び掛ける。「まだまだ上があるので、知名度・サービス共に、さらにお客さまに喜んでもらえるように努め最上位を目指したい」とも。

 同時に開催された温泉ご当地キャラクターランキングでは、別府温泉「けむリン」が2026票で第6位となった。

Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?