フォトフラッシュ

真冬のかき氷の冷たさに顔をしかめる挑戦者(別府市の鶴見岳で)

【真冬のかき氷の冷たさに顔をしかめる挑戦者(別府市の鶴見岳で)】 10時時点での山頂の温度は1度と「高め」だったが、薄着やタイツ姿の参加者は競技中にガクガク、ブルブル。

  •  
  •  

別府市の鶴見岳の山頂広場で1月26日、恒例の「大寒がまん大会」が開かれた。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

SmartNews Awards 2019

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?