見る・遊ぶ

ラグビー日本代表、世界3位オーストラリアに惜敗 大分市でテストマッチ

1万7000人が2年ぶりの国際試合を堪能

1万7000人が2年ぶりの国際試合を堪能

  • 41

  •  

 ラグビー日本代表は10月23日、大分市の昭和電工ドーム大分(横尾)で強豪のオーストラリア代表とテストマッチを行った。常に先行される試合運びも接戦に持ち込み粘ったが、最後に力尽きて23-32で敗れた。

世界3位の強豪と接戦

[広告]

 日本は前半7分にトライとゴールで失点。16分に松田力也(埼玉パナソニックワイルドナイツ)がPGを決めたが、22分にトライとゴールで突き放された。26分にレメキ・ロマノラヴァ(NECグリーンロケッツ東葛)がキックパスをキャッチしてそのまま右隅に飛び込んでトライ。ゴールも決まり、さらに松田のPGで13-14と追い上げたが、41分にPGを決められ13-17で折り返した。

 後半もオーストラリアが2トライで加点。レメキのシンビン(一時退出)もあり、一時は14点差まで広げられたが、15分に中村亮土(東京サントリーサンゴリアス)がインターセプトトライ(ゴール成功)。34分には途中出場の田村優(横浜キヤノンイーグルス)がPGを決めて再び4点差まで追い上げたが、38分にモールからトライを奪われ、万事休した。

 試合は「リポビタンDチャレンジカップ2021」として開催。公式入場者数は1万7004人。国内での国際試合は約2年ぶりだった。対豪州戦は6敗目(0勝)。世界ランキングは日本代表10位、オーストラリア3位。

 試合後の記者会見で日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチは「モチベーションも高く、いいプレーができたが規律のミスが多かった。ペナルティが試合結果に影響した。反則(公式14)を重ね、イエローカードをもらうと強豪チームには勝てない」と敗因を分析。「まだチームは成長できる。ヨーロッパツアーに向けて改善していきたい」と述べた。

 ピーター・ラブスカフニ主将(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)は「チームが一つになれたし、今日のプレーに関してはしては誇りに思っている。自分たちのミスから勝つチャンスを逃してしまったのが残念」と振り返った。

 日本文理大付高出身の具智元(コベルコ神戸スティーラーズ)は「後輩、友達、先生から連絡があり、会場まで来てくれたので力になった。試合には負けてしまったが、しっかり組めた時のスクラムは自信がつく内容だった。次も頑張りたい」と話した。

 日本の印象についてオーストラリアのデイブ・レニーヘッドコーチは「日本のフィールドプレーやラインアウトは進化している。とても強くいい相手だった」。マイケル・フーパー主将も 「日本は急速に成長している。プレッシャーも強く、ソリューションを見つけてぶつかってきた。ニュージーランドと同様のテンポがあった」と話した。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース