食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

大分駅北口のデジタルサイネージに期間限定「指原莉乃」さん

大分市から訪れ記念撮影モードを利用していた植田さん

大分市から訪れ記念撮影モードを利用していた植田さん

  •  
  •  

 大分駅北口駅前広場のデジタルサイネージに4月8日、大分市観光大使「指原莉乃さん」と記念撮影ができるモードが期間限定で追加された。

大分駅北口駅前広場デジタルサイネージのメニュー

 3月21日の大分駅北口駅前広場のオープニングに合わせて稼働を開始した同電子看板。大分駅等の利用者に対し、周辺施設の催し物案内や中心部のイベント、ショップ等の情報を提供し、「街中の回遊性促進と滞在時間の向上」を図ることを目的として設置された。

[広告]

 92型の大画面に高精細の4K画質、大画面下のタッチパネルでは「観(み)る」「食べる・ショッピング」「乗る」「いやし」「大分市の概要」など市内の情報を検索できる。検索した情報は画面内にQRコードが表示され、利用者のモバイル端末で読み取りアクセスすることで、写真データを取り込むことができる。

 観光大使指原さんは記念撮影機能のデジタルサイネージの画面に表示される「背景モード」8フレームと搭載されたカメラにより映像を取り込み撮影する「合成モード」8フレームの計16フレームを用意している。

 大分市駅周辺総合整備課の首藤さんは「文化財散策ルートや市街地の施設など市内のいろいろな場所でデジタルサイネージを利用して訪れてほしい」と利用を呼び掛ける。「期間限定だが大分の観光大使の指原さんとの記念撮影もできる。この機会にぜひ利用してほしい」とも。

 大分市内から訪れた指原さんファンの植田さんは「知り合いから聞いて記念撮影に訪れた。期間が短いのが残念だが、良い試みだと思う。まだまだ知らない人も多いので多くの人に知ってもらいたい」と話す。

 デジタルサイネージの稼働時間は6時~21時。指原さんのフレームは17日まで。

  • はてなブックマークに追加