食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

大分で「フェイク・クリーム・アーティスト」渡辺おさむさん九州初企画展 

渡辺おさむ展「お菓子の国のアリス」をPRする吉川緑さん

渡辺おさむ展「お菓子の国のアリス」をPRする吉川緑さん

  • 0

  •  

 大分・アートプラザ(大分市荷揚町3、TEL 097-538-5000)で8月7日、九州初上陸の「フェイク・クリーム・アート渡辺おさむ展『お菓子の国のアリス』」が開かれる。

渡辺おさむ展「お菓子の国のアリス」フライヤー

 アート界の「スイーツ王子」、フェイク・クリーム・アートの第一人者と言われる渡辺おさむさん。樹脂等の素材で作る本物そっくりのクリームやスイーツをデコレーションし、色鮮やかでおとぎ話のような世界観を演出する。子どもから大人まで幅広く人気を集め、イタリア、アメリカなどでも個展を開くなど国内外で活躍する。

[広告]

 アートプラザコーディネーターの吉川緑さんが「九州ではまだ開催されていない、渡辺さんの展覧会をぜひ、大分で1番最初に」とオファー。「九州での展覧会を考えていた渡辺さんとタイミングが合い開催にこぎ着けた」と話す。

 渡辺さんは製菓学校講師であった母親の影響から「甘く幸せなイメージを持つ作品」を制作する。同展は「お菓子の国のアリス」をテーマに、「かわいくてどこかミステリアスな世界」をつくり上げる。展示作品数は新作約30点を含む約200点を予定。メーン展示のティーパーティーエリアでは長さ約9メートルのテーブルを用意している。

 期間中は、渡辺さんが参加する「アーティストトーク」や「ワークショップ」(事前予約制、参加費1000円、定員20人)、大分市美術館の館長管章さんとの「対談&スイーツパーティー」(事前予約制、参加費同、定員50人)なども予定している。

 関連イベントとして、昼間とは違った雰囲気を演出する「ナイトミュージアム」や市内のスイーツを取り扱う約22店舗に渡辺さんの作品が並ぶほか、購入特典などを設けたコラボレーション企画「お菓子の国のSWEETS MAP」、智泉福祉製菓専門学校(大分市荏隈中島)などとのコラボスイーツの販売なども用意している。

 コーディネーターの吉川緑さんは「期間中は体験イベントも含めさまざまなイベントを用意した。多くの人が市街地に訪れ参加展など立ち寄ってもらいたい。夏休みの思い出に家族連れで楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 観覧料は、大学生以上=前売り800円(当日1000円))、高校生=同500円(同700円)、小中学生=200円(一律)、小学生未満無料。前売り券の販売は8月6日まで。アートプラザ・チケットぴあ、トキハ会館などで販売している。

Stay at Home

大分経済新聞VOTE

大分県の1番の魅力は?